乳首責め

カナコの乳首をデコピンの要領でピンピン弾くと「あははは、くすぐったい。やめてー!」と笑いながら抵抗し、それでもやめずにしつこく続けていると、徐々に笑いがなくなり身をよじらせながら顎をぐっと上げて、やがて指で弾くごとに深い息を漏らし始めた。カナコは僕の乳首責めが大好きだ。このかわいらしい新妻の乳首を責めることが僕の日課だ。
「乳首いじめてくれるんだ?ありがとう」なんて終わった後にお礼を言われる。恋人として付き合っている間は、一般的なフェザータッチで愛撫していたのだが、いつの頃からか段々と行為は激しくなっていった。カナコは間違いなく優しいタッチよりも激しい接触の方を好んでいたからだ。乳首やクリも柔らかく触れるよりもつねるくらいの勢いで扱った方が、カナコの感度は抜群に良かったのだ。
乳首責めされたい女子大生の私がTwitterの裏垢男子と絡んで学んだ事
最初はカナコの体を傷つけているようで抵抗があった僕ではあったが、その内に慣れてしまった。少々のことで人間の体は傷つかない。けがをさせる直前くらいまでの行為ならば、それは情熱的な行為として受け取られるのだ。SMとまではいかないまでも、結構本気で乳首をひねり上げたり、ビンタのようにおっぱいを張り飛ばすこともある。すると、カナコはもっとやって!という具合に胸を突き出してきたりするドMなのだ。
そして、僕たちは結婚した。カナコは自分がドMであることを自覚していたが、それが恥ずかしくて僕の前では猫をかぶっていたらしい。それが僕の乳首責めが彼女の本性を露わにしてしまい、僕との結婚を決意したのだそうだ。僕がそれに気づかずに高級品を扱うようなおとなしいセックスを続けていたのならば、結婚には至らなかったはずだ。ドMな自分の乳首責めをしてくれる僕と言う存在に、彼女は体だけではなくて心も許したと言えるだろう。
「ホントはね、プロポーズしてほしくなかったんだ」と、行為が終わった後、赤く腫れたおっぱいに乳液を塗りながらカナコが言った。
「もうちょっと待たされた方が焦らされる感があって楽しめたかも」。それは何と言う「セックスはするけど結婚はしてやらない責め」だろうか。僕はそこまで薄情ではないし、むしろそんなドMなカナコだから結婚したのだ。ドSな僕の理想とするセックスにやっとたどり着けたのだから。
クリオナ
乳首イキ

セフレ掲示板

セフレ掲示板という存在があるからこそ自分は楽しくいろんな時間をつかえているのだとおもいます。

というのが女の子とセックスまで行くという意味では間違いなく最高に気持ちの良い時間を過ごせるからです。

セフレ掲示板は良い女の子に当たれば完璧に気持ちの良い時間を使うことが出来ますのでオススメができるというわけですが、今回の自分が見つけた女の子はいわゆるいやらし感じというよりは元気な感じの雰囲気を持っている女の子でした。

個人として知っている女の子たちと比べてもかなり自分の中では好みの女の子でしたのでなんだか絡めば絡むほど特をした気分になりました。

彼女は明るくて元気なので話をすればするほど彼女自身のファンになってしまう自分がいました。
セフレ掲示板

性格の良いと思わせるような会話を所々でしてくれますので個人としては本当に必要以上に嬉しい気分を味わえましたし、そのぶん彼女に対して何かしてあげたいとおもうような感じになったんですよ。

様々な体験を味わえるという感じの雰囲気を醸し出してくれる女の子であることは間違いありません。

こちらが精一杯彼女が喜ぶように努力していることもしっかりと理解してくれるところが個人的にはとても嬉しくて、セフレ掲示板を利用してよかったと心底感じた次第です。

基本的にプライベートでは持てるような要素はなかったのですが、彼女と接しているとなんだか自分がいい男なんじゃないのかと錯覚してしまうくらいにこちらに対して丁寧に接してくれますよ。

安心してリラックスができるということを女性関係で味わったことのない自分としては本当にお金を払っても良いと思えるくらいに良い時間を過ごせたと思いますのでまた会いたいと思います。

LINE掲示板
セックスフレンド募集

セフレの作り方

仲間内の一人の彼女がビッチだった場合、自然とみんな童貞をその子で捨てるような感じになって・・・
そのビッチと付き合ってる男だけ何も知らないで、俺らとそのビッチの中で秘密を共有するみたいな?妙な連帯感ができちゃうの。
そのビッチなんて、ただのセフレ感覚なんだよね。
都合のいい時だけの女。友達に悪いとか、申し訳ないとか、そういうことも、女がビッチじゃなければ感じるんだろうけど、いかんせんその女がビッチだもんな。
セフレの作り方としては、ビッチ相手にするのは定石じゃん。
たまたまその手ごろなビッチが友達の彼女だったというだけの話。
逆に、ビッチと付き合うというのは、そういうことなんだよ。
セフレ 作り方
みんなとその女を共有するという感覚がないと、そんな女とまともに付き合えないよな。
セフレの作り方としては、ビッチだけど、ちゃんと付き合うとなったらビッチじゃ困る。
まぁ、その友達が間抜けだったという話な。
その友達も、女がビッチだと分かってて付き合ってるから、ある程度のことは想定内なんだろうけど・・・仲間内のみんながその女とヤッたことがある、という事まではしらんだろうね。
教える気もないけど。
彼氏がいるのに誘われたらホイホイ股開く女が悪いよ。そういう女だから、セフレの作り方に利用されるんだよ。
で、そういう女を会えて選ぶ男が悪いのであって、俺らは一ミリも悪くない。
そういうビッチな女がいるから悪い。そういうビッチを選ぶから悪い。
それだけの話でしょ。
セフレの作り方なんて双方が鬼畜じゃなきゃ成立せんのよ。
キスフレの作り方
セフレが欲しい

お金の無償支援

個人的に好意でお金の無償支援するというのは、昔から、若い女をわたしみたいなじじいがわがものにする手っ取り早い手口でね。小金もっているじいさんは、よくそんなことをして、未亡人とか、事情を抱えた女を手に入れていたんですよ。
「金払うからやらせくれ」って言ったら、女はすぐに足元みるんですよ。「ああ、こいつはおまんこがしたいだけなんだな」って。それにすぐに応じるような女は、もう、下の下でね。もともと商売女と変わらんのですよ。
こっちは、そういう女はさんざん知ってるから、もういらない。真面目で普通に暮らしてきた初心な女をものにしたい。そういう場合は、体を求めたりそういうことはせず、金で縛り付ける。
5万とかそこいらの金がいつも足りなくて、毎月困ってる女性がいるとするでしょ。一生懸命働いてもどうにも足りなくて、いろいろなところで借金してしまう。借金はかえさくてはならないから、生活はじわじわ苦しくなる。
お金をあげます
そこで返す必要のない金を与える。すぐには返す必要はないよ、余裕ができてからでいい、って言ってね。最初は、用心してるけど、5万くらいの金なら、1年で60万でしょ? 利子もつけないから、後で頑張れば何とかなると思って借り続けたら、こっちの思うツボですよ。もう、わたしが貸す5万が当たり前になって、なくてはならないものになる。そうなったらその金を引き上げられたらって恐怖心が出てくる。
そうやって、3人の女性の体を毎月、いただいてますよ。ひとでなしの所業ですけどね。でも、相手も納得済みだし、別に痛めつけたり、威張り散らしているわけでもないですよ。仲良くさせてもらってるし、足が遠のくと、たまには寄ってくださいよって催促もきます(笑)。お金の無償支援の罠、なかなかいいでしょ?

お金を無償支援します
お金を無償支援します