セフレの作り方

夏は毎年友達と海に行っています。そして、海でナンパされた男性とセフレを見つけたりしています。セフレの作り方はナンパかネットが手っ取り早い。さらに、お金を持っている人と出会えたら嬉しい。だけど、セフレの作り方を初めて5年くらい経つけど、長く続いた人はいません。私自身続けるつもりもないし、飽き性だからです。だけど、セフレ作りも今年で終わりにしようと思います。何故なら就職先が決まったから真面目になろうと思いました。

「セフレの作り方をミカから聞かれた時は最初は驚いたけど、今まで楽しかったね。」「変な男もいたけどね。」私たちが思い出話をしていると2人組の男性に声をかけられました。
セフレ探し

「これからご飯食べるんだけど一緒にどう。」友達とアイコンタクトをして、見た目は悪くなかったので一緒に食事へ出かけました。住まいや年齢が私達と近く、お酒を飲みながら楽しい時間を過ごしました。「この近くに俺の家があるからそこで飲み直さない。シャワーもここで浴びるより綺麗だよ。」下心丸見えと思ったけれど、悪い人ではなさそうだったので彼らの車に乗りそのまま家へ行きました。

家着くと早速私が先にシャワーを浴びました。ところが、シャワーを浴びている最中に叫び声が聞こえました。私は嫌な予感がして周りに気づかれないように揃っと扉を開けると友達がSMプレーみたいに拷問みたいな感じになっていました。泣き叫ぶ友達を見て私は警察に連絡をしました。知らない人について行った私たちが悪い。だけど、私たちだけじゃ逃げ出せない。

その後警察がきて厳重注意を受けて解放されました。
ワリキリの意味
裏垢女子

パトロンとは

「私、欲しい物があるの。だから買って。」「分かった。何でも買ってあげるよ。」大学生の頃サークルで彼女を一目会ってから一目惚れをしました。そして、自分から告白して付き合うようになりました。その時俺は大学4年、彼女は1年。俺が卒業してからも彼女は浮気しないで俺一途でいてくれるか不安でした。だから彼女が欲しい物は何でも買ってあげたいと思いました。

俺の家族は裕福と言うこともあって、20歳過ぎてもお小遣いをくれます。だから彼女の欲しい物は何でも買う事が出来ます。もうすぐ彼女の誕生日なので、そのお金で彼女の誕生日プレゼントを買いに出かけました。すると俺の前にイチャイチャしているカップルがいました。よく見ると女性は俺の彼女でした。
パトロンとは何かさえ知らなかった私が独立の支援を受けるまでの経緯

「どういうこと、そいつ誰。」俺の怒鳴り声に最初は慌てていた彼女だけど、開き直った態度を見せました。「パトロンのくせに何か文句ある。」「パトロンとは何。」「パトロンとはって検索すればいいでしょう。」と、言って彼女は男と一緒にその場を後にしました。

俺は泣きながらパトロンとはとネットで検索をしました。そして、事実を知ってから友達に会ってこの事を伝えました。すると、友達は彼女の本当の姿を既に知っていました。さらに、俺の家庭が裕福だから俺と付き合ったという事に。友達は俺が彼女の事を好き過ぎて何も言えなかったと逆にゴメンと謝られてしまいました。

友達と別れた後、ショックすぎて何も考えられなくなり、彼女に連絡しても電話にもメールにも音沙汰がありませんでした。しばらく女性と付き合うのが怖くなりました。
パトロン募集
パパ活掲示板

オナ友

オナ友だった人と結婚したんだよね、俺。
最初の出会いは、普通にサイトでオナニーの見せ合いしませんかって奴だったんだけど、何度か話してたら、お互い気があって。
それで、会って話すようになって、それで、自然と付き合うようになって。
そういう感じで、俺らにとっては自然と恋愛、結婚って流れだったんだけどね。
そもそもの出会いがオナ友でしょ?
もちろん、普段はオナ友だったことなんてお互い忘れてるんだけどさ。
時々、ふと思い出すんだよね~。
最初にオナニーの見せ合いした時のこととか・笑
向こうは、オナニーはしてたけど、オナニーの見せ合いするのは俺が初めてだったんだよ。
それで脱ぐのも恥ずかしがってさ。
LINEオナニー
それで、俺がいちいち口説いて「第一ボタンを外して見ようか」「ちょっとブラの肩ひもをずらして見ようか」ってそこから始めたからねー。
いや、時間がかかったんだよ。全裸にするまで!
いちいち「やっぱりダメ、恥ずかしい」って合いの手入れてくるからね。
「オナ友募集してたんでしょ?見せたいんでしょ?」って励ますように脱がしてたね・笑
途中、自分もここまでしなきゃいけないほど、俺はオナニーの見せ合いがしたいんだろうかって自問自答したよ。
別にこんなめんどくさい女じゃなくて、オナニーの見せ合いくらいぱっぱとできる女なんてたくさんいるじゃん。
寄りに寄ってこんなめんどくさい女の相手しなくてもいいんじゃないかって。
だけど、女って手がかかるほど可愛く見えてくるんだよ。
めんどくさいほど、やりがいがあるっていうかね。
カカオID
セフレアプリ

愛人募集

いずれ愛人募集くらいはしようと思ってますね。ただ、今はそういう時期ではないかなと思って、仕事に集中してます。
一応、老後のプランなんかもありますし。
自分の目標としては、遅くとも六十代くらいでリタイアしたいんです。
そのために個人年金とか株とか色々やってますね。あくせく働くのが性に合わないので、早くリタイアしたいです。
結婚しなかったのも、余計な荷物を背負うと、人生プランが狂うと思ったからですしね。
子どもができたりするでしょ?妻も仕事辞めて専業主婦がいいとか言いだすでしょ。大学だの専門学校だのに子どもをやらなきゃいけないし。。。
やれ家を買え、車を買い替えろとお金ばっかり出て行くじゃないですか。
愛人契約
それを考えたら、十分な資金を持って、リタイアして、それで愛人募集でもした方がよっぽど気楽に楽しめると思いましたね。
楽しいことだけ共有する関係の方が、男女は上手く行きます。
それに、女は男の経済力が目当てですから、十分な資金さえあれば、いい女なんて簡単に見つかると思ってます。
女は打算的な生き物ですからね。
今は、愛人募集とかする時期じゃないです。まだ資金を貯めてる途中ですから。ここで何か少しでも狂えば、老後破綻します・笑
愛人募集をしてる人からすれば「明日死ぬかもしれないのに、バカなことしてる」と思うかも知れませんね。
ですが、私から言わせればみっともない老後を送るよりはマシ。
子どもの学費、子どもの結婚資金、子どものための家の頭金・・・そういうの考えたら、愛人募集して楽しい老後の方が人生有意義だと思いますね。
ワリキリ
JCと援交する