ホ別

私は家族に内緒で夜の仕事をしています。理由はお金です。少しでも大学の奨学金を自分でも返すために手っ取り早く稼ごうとこの仕事をしました。もちろん大学ではバイトは禁止されているためこの事が知られたら退学になります。

ある日、お店に知り合いがやってきました。その知り合いとは大学の先生でした。先生がここに来ていることにも驚きましたが、私が働いている事がバレてしまい内心とまどっていました。私は先生の隣に着きました。「あれ、大学ではアルバイト禁止しているのになんで君が働いてるの。」「先生もここに来るなんて、あまり良くないと思いますよ。」「お金が欲しいのか。」「奨学金の返したいから。」
即ハメ
「だったらホ別で私がお小遣いをあげようか。もちろんこの事は誰にも言っちゃいけないよ。2人だけの秘密だよ。」私は先生の話にのりました。ホ別で先生とこういう関係になるとは思いもしませんでした。

それからは大学でも先生にもちろん会いますが、お互い話しかけもしないし、目を合わせることもありません。しかし、大学が終わってから先生のメールが必ず届きます。「今日も働くのか。それとも私とホ別でやるか。」「今日は私のお客さんが来るのでお店で働きます。」「そうか。また相手してくれよ」この関係は私が大学卒業するまで続きました。大学を卒業した時は、何故か先生からのメールも来なくなりました。噂によるとキャバクラに行っていたことが他の生徒に見つかってしまい大学をクビになったと聞きました。
出会えるアプリ
セフレ募集アプリ