セフレの作り方

仲間内の一人の彼女がビッチだった場合、自然とみんな童貞をその子で捨てるような感じになって・・・
そのビッチと付き合ってる男だけ何も知らないで、俺らとそのビッチの中で秘密を共有するみたいな?妙な連帯感ができちゃうの。
そのビッチなんて、ただのセフレ感覚なんだよね。
都合のいい時だけの女。友達に悪いとか、申し訳ないとか、そういうことも、女がビッチじゃなければ感じるんだろうけど、いかんせんその女がビッチだもんな。
セフレの作り方としては、ビッチ相手にするのは定石じゃん。
たまたまその手ごろなビッチが友達の彼女だったというだけの話。
逆に、ビッチと付き合うというのは、そういうことなんだよ。
セフレ 作り方
みんなとその女を共有するという感覚がないと、そんな女とまともに付き合えないよな。
セフレの作り方としては、ビッチだけど、ちゃんと付き合うとなったらビッチじゃ困る。
まぁ、その友達が間抜けだったという話な。
その友達も、女がビッチだと分かってて付き合ってるから、ある程度のことは想定内なんだろうけど・・・仲間内のみんながその女とヤッたことがある、という事まではしらんだろうね。
教える気もないけど。
彼氏がいるのに誘われたらホイホイ股開く女が悪いよ。そういう女だから、セフレの作り方に利用されるんだよ。
で、そういう女を会えて選ぶ男が悪いのであって、俺らは一ミリも悪くない。
そういうビッチな女がいるから悪い。そういうビッチを選ぶから悪い。
それだけの話でしょ。
セフレの作り方なんて双方が鬼畜じゃなきゃ成立せんのよ。
キスフレの作り方
セフレが欲しい